独立、開業、起業をサポートする総合情報サイトGIANT。独立、開業、起業、フランチャイズ募集(FC)、代理店募集、起業支援情報に関する情報を豊富に掲載中!

副業を行う前に注意しなくてはいけない点とは?

副業を行うにあたり、注意しなくてはいけない点がいくつかございます。副業の業種によって差はございますが、代表的な3点をここで紹介させていただきます。

 

① 仕事以外の時間が少なくなる

本業はしっかり行いながら新たに他の仕事を持つこととなるため、いままで自由に使っていた時間が少なくなるのは当然のことではあります。時間を削って今まで以上の収入を得ようとしたばかりに本業が疎かになってしまっては元もこうもありません。副業を始める前には目的と優先順位をきちんと決めることが重要です。

 

② 今務めている会社に副業を行っていることが知られる

サラリーマンであれば、企業側が副業を禁止していることがあります。また企業側が禁止はしていなくても、上司や同僚からひんしゅくを買うケースも少なくありません。企業内での人間関係を崩さないようにするためにも、副業を行っていることを周りに伝えるのは極力控えた方が良い場合もあるでしょう。またアルバイト等の副業を行う際には、本業の職場付近は避けた方が無難だと思います。

 

③ 税金

副業を行った場合、年間で20万円以上(必要経費を差し引いた額)の収入があると課税対象となり、自ら確定申告を行う必要がございます。

 

サラリーマンの方は住民税を支払う際、会社に副業を行っていることが知られる可能性がございますので、必ず確定申告時に普通徴収を希望するようにしてください。

なぜなら、税務署は課税業務を円滑化するために『特別徴収制度』というものを設けています。

『特別徴収制度』
サラリーマンの場合は本業の給与以外に得ている収入に対する住民税の支払いをサラリーマンとしての給与から纏めて源泉徴収する制度のことをいいます。

 

この『特別徴収制度』を利用することで、企業側では「何故こんなに住民税の源泉徴収額が多いんだろう?」と思うため、副業が発覚してしまう可能性が出てきます。

 

 

資料請求リスト 登録済 資料請求する