独立、開業、起業をサポートする総合情報サイトGIANT。独立、開業、起業、フランチャイズ募集(FC)、代理店募集、起業支援情報に関する情報を豊富に掲載中!

フランチャイズの基本

そもそもフランチャイズって何?フランチャイズで開業をお考えの方は必見!

そもそもフランチャイズって何?

知名度のあるビジネスブランドに加盟して開業ができる経営手法です!

 

フランチャイズとは本部と呼ばれる「フランチャイザー」と加盟店「フランチャイジー」が契約を結び、フランチャイズに加盟する人・法人が、加盟金やロイヤリティを支払うことで商標・チェーン名称・商品・仕入れ・ビジネス・経営ノウハウ・技術サポート・研修等が全て一体となった「パッケージ」を得ることができるビジネスです。

フランチャイズとは

 

つまり、ゼロから開業するよりも、本部の確立されたサービスを活用して開業ができるため、開業するまでのプロセスを短縮し、運営に集中できる特徴があります。

 

経営知識やノウハウがなくても本部の確立されたノウハウやサービス・商品を使う権利を得ることができるため、専門知識やノウハウがない方・未経験の方でも運営できます。

 

ロイヤリティって何?

フランチャイズのロイヤリティとは本部(フランチャイザー)からパッケージを享受する代わりに、加盟店(フランチャイジー)が本部に対して支払うお金のことを指します。

ロイヤリティとか難しい言葉使われても分からない!という方のために簡潔に漫画にしてみました!

 

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

ロイヤリティとは

 

つまり、ロイヤリティ=フランチャイズ本部からノウハウを享受頂く代わりに支払う料金(対価)と考えて頂ければ分かりやすいと思います。

ロイヤリティ=月の売上の数%を支払う

様々なノウハウを享受頂く代わりにフランチャイズ本部に還元する仕組みとなっております。(ロイヤリティーフリーの本部もございます)

ロイヤリティーは多くのフランチャイズ店では「売り上げに対して○%」という形での支払い形態を取っていますが、他にも「月額固定」「ロイヤリティ不要」など様々なロイヤリティ形態も存在します。

 

ロイヤリティの種類

それでは、どのようにフランチャイズチェーンのロイヤリティが決まるのか主な決め方をご紹介致します!

 

粗利分配方式

粗利分配方式とは、粗利益のうち◯%をロイヤリティとして本部へ支払う方式で、業態としてはコンビニで多く見受けられます。

 

売上歩合方式

売上歩合方式とは、売上のうち◯%をロイヤリティとして本部へ支払う方式です。多くの業態で見受けられます。中には、開業後のサポートを手厚く行うなどの理由から高い%を提示する企業もあります。

 

定額方式

定額方式とは、文字通り毎月支払うロイヤリティの額が一定のものを指します。お店の売上や利益に関係なく、支払い額は一定なので非常にわかりやすいです。利益から定額のロイヤリティを除いたものが全て自分の利益になるわけですから、売上・利益アップへのモチベーションも起きやすい方式と言うことができます。

 

ロイヤリティフリー

ロイヤリティフリーとは、ロイヤリティを取らないことを指します。見た目上はフリーのように見えても、支給される材料費の中にロイヤリティが含まれているというように、実際はしっかりと回収されていることがあります。ですから、ロイヤリティフリーであるからといってすぐに飛びつくのではなく、しっかりと検討をするように心がけましょう。

 

ロイヤリティはフランチャイズ本部によって細かく設定されていますので、情報収集や比較検討を行い慎重に検討しましょう。

フランチャイズと直営店の違いって何?

フランチャイズには「フランチャイズ店」「直営店」2種類があります。

それでは、フランチャイズ店と直営店は何が違うのでしょうか。

 

直営店

 


■フランチャイズ店

フランチャイズ店というのは、フランチャイズ本部に加盟する「加盟店」のことです。

 

これまでにも説明しましたが、本部と加盟店が契約を結び、加盟金やロイヤリティ(対価)を支払うことで商標の使用権や商品&サービスの販売権を使用できるシステム。

 

フランチャイズ店は本部のお店の看板ブランドを利用して本部に雇用される訳ではなく、法人や個人事業主として経営をします。つまり、本部とは異なった事業主が運営している店舗のことをさします。

 

フランチャイズ店の最大のメリットは「すでに確立されたブランドを使用し運営できること」です。
デメリットは「店舗の売り上げに関わらず加盟料(ロイヤリティ)を支払わなければいけない」ことなどです。

 

■直営店

直営店は、フランチャイズ本部が出資をして開業した店舗のことです。

フランチャイズ本部が直接運営するためまずは直営店で新商品を試したり、新しいシステムを運用することができます。

 

そこで得たデータを元に実績を持ってフランチャイズ展開ができるメリットがあります。

 

しかし直営店を増やすには、フランチャイズ店に比べて資金が必要になるといわれていて、こちらは直営店のデメリットとなります。

 

フランチャイズ店と直営店の特徴をよく理解し、検討してみましょう。

 

どんな人がフランチャイズに向いている?

それではどんな人がフランチャイズに向いているのでしょうか?

 

■すぐに自分の店舗を持ちたい方

本部のノウハウを活用して開業する事ができるため、自分でゼロから経営戦略を考える必要はなく、お店をオープンさせることが出来ます。
また、有名店とフランチャイズ契約を結んだ場合、その知名度を活用することで初日からお客さんの来店も期待できます。
すぐにお店を開き、スタートをしたい方にはフランチャイズがぴったりといえるでしょう。

 

■決まった仕事を着実にこなすことができる方

フランチャイズでは、加盟店は本部の意向に沿った経営を行うため、契約内容にもよりますが自店舗のオリジナル商品を売ったり、営業方針を変えたりすることが出来ないケースも多いです。
自分の好きなようにお店を運営できないデメリットもあるため、決まっているルールの中で着実に仕事をこなす方の方が向いているといえます。

 

■経営戦略が思いつかない方

開業するにあたって開業資金・人材確保・店舗取得や経営戦略等、あげたらキリがない程たくさんの準備が必要です。
そんな方にとってフランチャイズシステムは大きな味方です。
本部が培ってきた経営のノウハウをそのまま活用できるため、ゼロから戦略を練って開業するよりも時間・お金・労力全てにおいて負担が少ないです。
本部のノウハウ+現場の創意工夫により、大きなビジネスチャンスが生まれます。

 

フランチャイズのメリット・デメリット

独立開業するにあたってフランチャイザー本部から得られるサポートが多いのは確かですが、フランチャイズ加盟は人によって向き・不向きも存在するため、独自開業とフランチャイズの違いをしっかりと把握することが必要となります。

ここでは実際にフランチャイズのメリット・デメリットをまとめました!

 

■フランチャイズのメリット

 

1.本部のブランド力を存分に活用できる

知名度、認知度が既にあるブランドであれば看板を見ただけでも商品・サービスをイメージしてもらえるので、集客面においても絶大なメリットがあります。
フランチャイズ本部は、そのブランド力を維持・拡大していくために、商品開発や宣伝などを行うため、安心して運営に集中できます。

 

2.集客支援を本部から継続的に受けられる

店舗運営で最も重要とも言えるのが、「集客」です。
個人店などの小規模の店舗では広告宣伝費用を抽出することは難しいですが、フランチャイズの場合はなかなか手につけられないテレビCM・新聞広告などのマス広告まで加盟店が享受できるのです。(本部への広告宣伝費などの支払いが発生する場合があります。)
なかなか手がつけられない大規模なプロモーションで恩恵を受けることができます。

 

3.未経験での参入ができる

通常自分で店舗を持とうとすると、まずはその職種に関する業務や経営の下積みが必要となりますが、フランチャイズでは、経営や運営についてのノウハウ提供以外に研修制度が充実していたり、業務がマニュアル化されていることが多いので、全くその職種の業務や経営経験がなくとも店舗運営が可能になっています。
「経験がないから・・・」と独立を諦めていた方でも、フランチャイズでしたら夢を叶えることができるかもしれません。
こういった「未経験でもオーナーになれる」仕組みは、フランチャイズならではの特徴であり、魅力の一つではないでしょうか。

 

4.商品・サービスのコストメリットを受けられる

商品や備品の仕入れをする際、ゼロからの独立の場合は一から仕入先を探し、商品の確保を全て自分で行わなければなりません。
それに対してフランチャイズの場合、直営店を含む全店舗の商品・備品を一括で仕入れて各加盟店に供給していることがほとんどなので、全くゼロから仕入先を探し購入するよりも、手間・価格ともに小さくなります。
設備の面でも、過去の店舗の実績から得た情報を基に、常に最適な備品の提供を受けることができるメリットがあります。

 

■フランチャイズのデメリット

 

1.店舗状況に関わらずロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズパッケージの提供を受ける代わりに、その対価として毎月支払うのが「ロイヤリティ」です。
売り上げが想定どおりに上がらない場合でも、ロイヤリティを支払う義務が発生します。(フランチャイズ本部によって異なります。)
このことを十分に踏まえた上で先を見据えたフランチャイズ本部の見極めが必要となります。

 

2.本部が定めたマニュアル通りに運営を行う必要がある

フランチャイズはブランドイメージの保守や経営向上のために多くの制限を設けているため本部が決めたルールやマニュアルに沿って店舗運営をしなければなりません。
「自分の好きなように、自由にやりたい」という方には不向きと考えられます。経営者といえども、すべてを自由に決定できるわけではない、ということを予め理解しておきましょう。
しかし、「仕入先が用意されている」「運営マニュアルが整っている」というメリットも多くあるのでフランチャイズ本部のマニュアルに沿って現場の創意工夫を凝らして大きなビジネスチャンスを獲得できます。
各フランチャイズ本部のパッケージ内容を、よく確認して検討することが大切といえるでしょう。

 

3.競合避止義務や契約期間の存在

各フランチャイズ本部は、契約期間を設けています。契約途中でフランチャイズ店舗を閉じる必要が出た際は、違約金を支払う必要があります。
また、契約が終了した後も、フランチャイズ本部のノウハウの流出を防ぐためのルールとして同業種での営業を禁止している場合がほとんどです。これは、競合避止義務と呼ばれます。
将来自分で経営したいと思っている方は契約内容をよく理解しておくことで、10年後、20年後の自分の理想像に向けた、最適な選択がしやすくなります。

 

4.ブランド毀損によるリスク

フランチャイズは、加盟するフランチャイズ本部のブランド力を活用したビジネスのため、加盟したブランドのイメージが何らかの原因で低下してしまった場合、それによる影響も強く受けてしまいます。
例えば、最近メディアでも頻繁に取り上げられていたアルバイト従業員によるインターネットへの書き込みや動画の投稿などによるブランドイメージの毀損などです。
たった1店舗の不祥事で、加盟店全店がマイナスの影響を受けてしまうことが起き得ます。

一方、加盟店が行ったポジティブな出来事が広まり、それによるブランドイメージの向上もあるため、一長一短とはいえないです。

 

本部のサポート

それでは実際、本部はどのようなサポートをしてくれるのでしょうか?ここでは実際の本部のサポート例をご紹介致します!

本部のサポート

 

●本部サポート例

・経験を活かした適切な立地選び・売上調査
・最新の業界情報の提供
・開業資金の融資、赤字補填精度などの資金面でのサポート
・接客・販売・経営指導
・研修制度
・スーパーバイザーによる定期的な訪問
・商品・サービスの改善

 

などサポート内容や質は本部によって異なるため、資料請求や説明会などに参加して本部のサポートの内容や質を知ることで開業時・開業後の姿をイメージしやすくなり不安を取り除くきっかけにもなりますので、情報収集をすることをオススメします。

 

何よりも一番大切なのはオーナー様の経営努力です。

 

本部のサポートを最大限に受けながら、自分の店舗が飛躍できるよう一体となって盛り上げていきましょう!

 

フランチャイズの業種・探し方

一通り、フランチャイズの知識が理解できましたでしょうか?!
フランチャイズと一言でいっても、業種によって「必要な資金」や「営業の形態」が全く異なります。

 

一番初めに行うことは「どの業種・業態で開業するかを決めること」です。

 

どんなフランチャイズがあるのか・どのようにして選べばいいのか・選び方のポイントを紹介します!

 

■フランチャイズの業種の一例

フランチャイズには大きく分けて3つに当てはまります。

フランチャイズ種類

 

・「食べ物を提供」する飲食業
・仕入れた「商品を販売」する小売業
・お客様が求める「無形価値を提供」するサービス業

 

まずは「どういった方向の業種での加盟を希望する」のかを選んでみましょう。

そこから自分が開業したいフランチャイズを絞り込むと、より決めやすくなるでしょう。
また、それぞれの業種によって「開業資金」や「運営方法」が全く違うということも注目すべきポイントです。

お金に関することも重視しつつ、的確な業種選びをしていきましょう。

 

■フランチャイズの業態

フランチャイズにおける、代表的な業態について紹介します。それぞれの業態の特徴も合わせて確認しましょう。

 

●飲食業のフランチャイズ

飲食店

フランチャイズに最も多いのが居酒屋・喫茶店・レストランなどの飲食業です。

 

POINT・すでに有名なチェーン店のフランチャイズに加盟すれば、開店後の顧客獲得がスムーズ
・作ったその場で商品を消費し、現金収入を得ることができる
・食材を「一括大量仕入れ」で安く手に入れられたり「すでに人気の高い味の商品」を提供できます。
・大半のFC本部は「立地調査」をしています。

一方、飲食業は入れ替わりが激しく、新店舗が生まれるスピードも早いため、しっかりとした経営計画が必要です。
飲食業開業において最も重要なのが立地。人の目につきやすい場所でなければ、集客面では相当な苦労があるでしょう。

 

 

 

●小売業のフランチャイズ

スーパー

生産者や卸売業者などから仕入れた商品を販売する小売業

 

POINT・商品の仕入れは、FC本部が過去の売上データを基にした「売れる商品」を効率よく仕入れることが出来る
・靴やはんこなど、1種類の商品に特化した専門店のフランチャイズもあります。
・最近では「リサイクルショップ」や「金券ショップ」などの買取も行う小売業が注目されています。

このように、小売業といっても、販売する商品によって様々なものがあるため、地域のニーズや特色に合わせて選びましょう。

 

 

 

●コンビニエンスストアのフランチャイズ

コンビニ

小売業の中でも人気の高いコンビニでのフランチャイズです。
ほとんどのコンビニ企業が、フランチャイズ加盟者を募集しています。

POINT・フランチャイズの中でもパッケージ完成度の高さが魅力。
・知名度も高く、顧客の年齢層も幅広いので、安定した集客が狙いやすい。
・運営は2名以上の専業とされている場合が多く、夫婦や親子で独立する方が多い業種。

必要に応じてアルバイトスタッフを雇い、経営をしていくことになります。

 

自分に合ったフランチャイズを探す

 

 

●サービス業のフランチャイズ

美容院

「形のないサービス」を顧客に提供するサービス業。

 

POINT・美容・各種レンタル・マッサージなど、物ではなくサービスを提供するので、接客する「人間の人柄」や「コミュニケーション能力」が重要となる仕事。
・人と接する時間が多く、お客さんの反応を「直に知れる」ことがやりがいに繋がる
・接客業の経験がある方や、人と接するのが好きだという方に向いている業種。
・商品を仕入れる必要がないので在庫リスクがなく、負債が少ないこともメリット。

設備費用も他の業種に比べて低い場合が多く、低資金での開業を強く希望する人には検討してみるべき業種です。

 

 

 

●無店舗型のフランチャイズ

ハウスクリーニング

近年注目度が高まっているのが、「無店舗型ビジネス」です。

 

「代行サービス」「移動販売」「出張美容師」など店舗を保つ必要が無いため、家賃などの資金が不要。比較的低い開業資金で始められます。

POINT・家事代行や介護、出張の修理サービスなどは研修があり、未経験でも加盟が可能。
専門的な技術を身につけて、手に職をつけることが出来ます。

店舗取得費や人件費が少ない点は魅力的ですが、自分で顧客を獲得していく営業力が必要となります。

 

 

■何が自分に向いているか自己分析をしてみよう

自己分析

業種・業態を決める前に「自分はどんな仕事が向いているのか」自己分析しましょう。

 

一番大切なことは「自分の強みや弱みを知ること」そして開業するにあたって「資金はどのくらい用意できるか」という2点です。

 

業種を決めるにあたって今まで働いてきた業種での経験は大きな強みとなります。
もちろん、今まで経験のない業種を選んで新たな挑戦をして頂いても構いません。未経験の業種で成功している人も沢山います。

また、自分に合う業種が見つかっても、資金不足であればフランチャイズで開業することは難しくなるため、自分でどのくらいの金額を用意できるのか、借金をする場合も「どのくらいなら無理なく返済することが出来るのか」をきちんと計画しましょう。

 


■まずはフランチャイズ説明会・セミナーに参加しよう!

 

開業するからには継続的な売上が必要不可欠です。最初の初期投資を抑えていても、本部の享受を受けていてもその後継続できるかがカギとなります。
将来性と発展性があるビジネスも増加しております。

 

インターネットや資料だけでは分からない情報を説明会やセミナー(無料)に行って情報を収集しましょう。

説明会

 

●フランチャイズ説明会はどんな内容?

フランチャイズシステムや事業内容の説明、そして既存店の様子など具体的な事例の紹介までしてくれます。
具体例の紹介では本当にそのフランチャイズが自分に合っているのかチェックできるチャンスです。
本部社員やプレゼンターに直接質問もできるので、分からないことはしっかり聞いて不安や疑問を解消しましょう。

 

●説明会前の事前準備もしっかり

いくら気軽に参加できても、事前の知識なしに参加すると話を聞くだけで終わってしまう事もあります。
できれば参加するフランチャイズの資料やインターネットで情報収集して自分が知りたい、聞きたいポイントをまとめておくと具体的な流れを把握する事ができます。
希望職種だけでなく、気になるフランチャイズがあれば積極的に参加する事でご自身では考えてなかった新たな可能性を見つけられるかもしれません。

 

●セミナーで更に深掘りした事例を知ろう

個別のフランチャイズ説明会のほかにも、開業に役立つ情報を得られるセミナーが、関係団体が開催するセミナーです。
例えば「日本フランチャイズチェーン協会」では、フランチャイズビジネス全体の成功ノウハウや運営ノウハウ、法律的な手続きに関する技術などに関するセミナーを開催してます。
無料、非会員でも参加できるセミナーもあるので、個別企業にはない有益な情報まで手に入るかもしれません。

開業を検討されている方は、開業してから後悔することのないよう、事前に説明会やセミナーへ参加することをオススメします。

 


■フランチャイズを始めるのに必要な資金は?

開業資金

結局、フランチャイズを始めるにあたって必要な資金はいくらなの?と思われる方もいらっしゃると思います。

 

初期費用は業種・業態によって全く違うのが答えです。

 

無店舗開業や、ロイヤリティーフリー・一人開業など業種・業態によって初期費用も大きく変わってくるのです。

 

最低限抑えておきたいポイントは、本部に支払うべき資金。加盟金、研修費、店舗取得費、オーナーを含む従業員の人件費、広告宣伝費は必須と考えておくべきでしょう。

繰り返しになってしまいますが、業種・業態によって必要な資金は変わってくるので、様々なフランチャイズ本部を比較検討し、自己資金と相談して自分に合った本部を見極めましょう。

 

フランチャイズの始め方

それでは実際、フランチャイズを始めるにあたってどんな流れで開業するのかこれまでのまとめをステップ別に紹介していきます!

開業までの流れ

 

開業までの流れ

 

STEP.1 まずはフランチャイズの仕組みと知識を身につけよう

「フランチャイズってそもそも何?」という疑問を解決し、フランチャイズの仕組みと知識を身につけることから始めましょう。

 

STEP.2 自分に合った職種・業態を知ろう

「自分に合った職種はなんだろう?」を判断するために業種・業態についての知識を得ましょう。

 

STEP.3 理想の独立・開業について自己分析してみましょう

「将来を見据えて手に職をつけたい」「自由な時間で働きたい」「在宅で仕事がしたい」など開業の目的は様々だと思います。
自分の判断基準は何なのかを考えましょう。

 

STEP.4. どの本部にするかを検討するために本部担当者と会ってみましょう

気になるフランチャイズが決まったら、実際に本部担当者に話を聞いてみましょう。
インターネットや資料請求だけで判断するのではなく、直接会う事で疑問や不安も解消でき、失敗しないフランチャイズ選びに繋がります。

 

STEP.5. どの本部にするかを決める

比較検討を入念に行った上で、いよいよ加盟契約の手続きがスタートします。
人生の大きな決断でもあるので、家族への相談、不安な点は周囲の人へも相談してみましょう。

 

STEP.6. 店舗物件を選定する

加盟契約の締結前に、実際に開業する店舗物件を決める場合が多いです。
物件選びはフランチャイズで成功するための重要な要素です!納得のいく地域・物件で開業しましょう。

 

STEP.7. 加盟(契約)する

加盟契約の締結までは「契約書の開示」「加盟契約の申し込み」「本部による審査」というステップを踏んでいきます。
加盟契約を締結したら、いよいよ本格的な開業準備のスタートです。

 

STEP.8. 開業準備

いよいよ開業準備のスタートです。
オープンに向けた人材の採用・備品の準備など着々と進めていきましょう。
直営店をフランチャイズ店として引き継ぐ場合は、店舗の引き渡しがこの時に行われます。

 

STEP.9. 開業前研修

ほとんどのフランチャイズ本部では開業前に研修を行います。
接客や運営オペレーションについて学び、開業に備えます。

 

STEP.10. いよいよオープン

遂に!オープンです!開業当初は口コミも広がりやすく、多くのお客様の来店に期待ができます。
一度来たお客様をお店のファンにできるよう、精一杯運営を行いましょう。

 


フランチャイズ本部選びのコツとチェックポイント

こんなはずじゃなかった!と後悔する前にチェックポイントを紹介します!

失敗しないビジネス

 

■3年先までの成長の可能性を見極める
・既存店の成長率や閉鎖率をチェックしよう
・フランチャイズ自体の知名度、地域による知名度の高さも大切なポイントです

 

■高い収益が得られるのか見極める
・営業利益率が高く、投資回収率は低く、労働分配率は低めである事が理想
・加盟店が本部に支払うロイヤリティが何%かもチェックしよう

 

■同業者の出店数、展開状況も把握しておこう!
・サービス・商品・メニューがオリジナルかつ評判がいいと優位性が高い
・品揃えの良し悪し、在庫管理、POSシステムなどの通信設備まで完備されているのかチェックしよう

 

■サポート体制をしっかりチェック!

オープンしてからサポートが全くないじゃないか!とならないように下記の項目をチェックしましょう。

・スーパーバイザー(SV)がどの程度までの範囲で協力してくれるのか
・本部の連絡係りだけなのか、経営に対するアドバイスまでサポートしてくれるのか
・担当店舗を月に何度回ってくれるのか
・渡されるマニュアルにトラブル処理などの具体的な指示があるかどうか
・広告宣伝のシステムはどうなっているのか
等、どこまでサポートしてもらえるのか細かいサポート体制の有無を事前にチェックしておきましょう。

 

■信頼できる本部かどうかを見極める

非常に重要なポイントは「本部の信頼度の高さ」です。
フランチャイズチェーンには、「法定開示事項」というものが定められているので、詳細な契約内容や直営店の営業実績を情報開示していない、他の加盟店情報を教えてもらえないような本部では安心して契約ができません。
また、企業によってはフランチャイズのシステムが組織化されてない本部もあります。専任の担当者がいた方がはるかに安心です。

 

■理想の働き方を手に入れるには、入念な準備が必須

フランチャイズにはさまざまな業種・業態が存在します。フランチャイズで理想の働き方を手にするためには、

・どんな事業が自分に向いているのか?
・今後も集客力を維持できるのはどのチェーンか?
・理想の働き方ができるのはどのフランチャイズか?
   
など、各フランチャイズ本部を詳細に調べることが最も大切です。フランチャイズ加盟を検討する際は、インターネット・各本部の説明会・展示会などで情報収集を行い、納得のいくフランチャイズ選びをするようにしましょう。

 

フランチャイズビジネス

 

まとめ

・フランチャイズとはフランチャイズ本部に加盟(対価を支払う)する事で、知名度のある看板(ブランド)で開業ができる経営手法

・本部のノウハウを享受して開業ができるため、運営に集中できる

・加盟店はロイヤリティや加盟金を支払う必要がある

・フランチャイズの業種・業態によって開業資金や本部に支払う対価も変わってくる

・本部のブランドを活用したビジネスのため、自分の好きなように営業はできない

未経験でも参入できる!独自開業するよりコストが低く認知度が高い!

資料請求リスト 登録済 資料請求する